筋トレを続けるコツ

まずは目標を決めましょう。この服が着られるようになるや、体脂肪を何%にする。体重を5キロ減らすなどなんでもいいです。現実的な範囲でのしっかりとした目標を持ちましょう。期間を決めることも重要です。いつか、や1年後など遠い目標ではダメです。できれば、3か月くらいで区切れるような目標を立てましょう。

次はモチベーションです。やはり効果がでるとうれしくて続けるモチベーションにもなります。それには、なんといっても同志や目標となる人を見つけることです。理想的な体の人がいれば、勇気を出して話しかけ普段どんなことに気を使っているのかを聞いたり、どんなトレーニングをどういう順番で行っているのか、どのくらいの時間で行っているのかやり方を盗むのもいいかもしれません。サウナも週1程度では使いましょう。サウナは裸で入ります。服の上からではなく裸でほかの人と自分を比較し、定期的に気合を入れなおしましょう。自分の方が優れていればより続ける意欲になります。劣っている部分がわかれば、自ずと鍛えなくてはいけない部位がわかります。

スポーツジムに行った後は筋肉が破壊され強化される絶好のチャンスです。お米やパスタなどの炭水化物を減らし、緑黄色野菜と豆腐、納豆などの大豆製品や卵、脂身の少ないささみ肉などの良質なたんぱく質を多く取るようにしましょう。続ければ必ず成果はでます。途中でやめるのがつらいだけで一番もったいないです。理想ボディ目指して頑張りましょう。

筋トレを続けるコツ

スポーツジムでできる筋トレ

スポーツジムのトレーニングマシンは実に多種多様です。しかし1番理解してもらいたいことは、筋トレはフォームがすべてということです。間違ったフォームでどれだけ頑張っても効果はなかなか得られません。そればかりか、けがにもつながってしまいます。なんとなくで始めるのではなく、最初だけでいいのでトレーナーと一緒に正しいフォームを身につけましょう。

トレーニングは、まず大きな筋肉から鍛え始めましょう。大きな筋肉が動くことは脳への刺激にもなります。全身の筋肉が呼び起こされ、燃焼モードに入ります。大きな筋肉は、大胸筋や背筋、腹筋、大腿筋あたりが有名です。これらを鍛えるだけで、おなかは引き締まり、姿勢もよくなりバストもアップし(男性ならマッチョの象徴の胸筋がしっかりし)、足も引き締まりとてもきれいな体になります。足を鍛えるのに有効なのは、負荷がかかったボードを両足でゆっくりと押すレッグプレス。大胸筋を鍛えるには、腕を広げて負荷のかかったボードを胸の前まで動かすチェストフライ。背筋を鍛えるには懸垂のような動作をするラットプルダウンが効果的です。女性は、筋肉質になるのを嫌がりますが、ムキムキにならないためには、ゆっくりと動かすのがコツです。吸って、吐いてを意識しましょう。

スポーツジムでできる筋トレ

筋トレの重要性

ダイエットしようと思ったとき、統計を見てみると女性はまず食事制限から入る方がとても多いです。男性は走ったり腹筋をしたりする筋トレから入る方が多いです。女性は、おやつにケーキやお菓子など糖分が多いものを食べる傾向にあるので、もちろんそれらを減らすのはダイエットにとても効果的です。ケーキ1つで400kcalはありますからね。しかし、ご飯まで減らしたりジュースへの置き換えダイエットに走る方もいます。それは、実はダイエットには逆効果なのです。

ダイエットには脂肪を燃焼させることが必要不可欠です。運動もせずカロリーをとらないダイエットは、最初のうちは栄養不足だと判断した体が、体内に蓄えてあった脂肪や筋肉を使うため急激な体重の減少をもたらし一見すごく効果があるように思えます。しかしある程度脂肪を使ったところで、体が外から栄養を補給できないと判断し省エネモードに入ります。つまり脳は、いつまた栄養不足になるかわからないので脂肪をとっておこうとするのです。脂肪を効率的に燃やしてくれる筋肉まで減ってしまいるので、少し食べただけでもリバウンドしてしまいます。リバウンドせず、栄養をしっかりと補給しながらダイエットをするためには、筋トレが一番有効と言えます。

自宅で筋トレというと、腕立て伏せ、腹筋、スクワットくらいしかできません。バリエーションがなく孤独な闘いなのでなかなか長続きしません。そんな時は、スポーツジムに頼りましょう。知識が豊富なトレーナーに相談もでき、最新機器で効果的にシェイプアップできます。このサイトでは、効率的な筋トレをして効果を実感しつつ楽しく続けるためのコツを紹介するサイトです。

筋トレの重要性